インド、ニューデリーで暮らす犬の日々。 2006年11月5日 インド生まれです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Dog Show @デリー
2007年01月06日 (土) | 編集 |
昨年の事になってしまいますが、先月30日ドッグショーがありました。
たまたま自宅から車で10分ほどの学校の校庭が会場だったこともあり、ぶらりと覗いてきました。

dog show

愛犬連れで見に来たと思われる人も。

dog show3

「トラ模様」(?)のグレート・デン。

dog show4

コンテストの出番待ちのマスチフ。

dog show5

見事なグレート・デン。
こんな大きな犬でもコンテスト用のポーズを取らせる時には音の出るおもちゃで気を引いているのが何だかかわいくて。
よく見るとこの人のタイピンも「グレート・デン」。

dog show6

シェパードの親子。
親子で連れて来て、仔犬の新しい飼い主を募集しているらしい人(ブリーダー?)も沢山いました。

dog show9

犬種ごとのコンテスト。
セント・バーナード。
このような会場は2箇所あり、別犬種のコンテストが同時進行で行われていました。
棄権者も結構いるのか、「ファイナル・コール」でエントリー・ナンバーが読み上げられていました。

dog show 仔犬4

セント・バーナードの赤ちゃん。生後40日だそう。
焦点すらあまり定まっていない様子なのに、体は結構大きい。

dog show 仔犬3

パグ。

dog show 仔犬2

ゴールデン・レトリーバー。

dog show2

スパニエルとハスキー。

dog show 仔犬

ロットワイラーの仔犬。

dog show9

このロットワイラーは私のドライバーの犬のお父さんなのだそう。
2歳のドン君。
暫く前までラブラドールとロットワイラーの2頭飼いをしていたと言う私のドライバー(一体どんな家に住んでいるの??)、奥さんが体調を崩して面倒を見きれなくなり、ラブラドールの方を手放したのだとか。
ロットワイラー1頭でも充分大変そうですよね。


このドッグ・ショーに来てよりはっきり分かったのはインドで人気の犬種は日本での人気犬種とかなり違うことです。
日本でも人気のラブラドール・レトリーバーはインドのお金持ちの間でもかなりポピュラーなようですが、それ以外でも圧倒的に大型犬が人気なようです。
日本でドッグ・ショーに行ったことはないのですが、グレート・デンやマスチフ系、シェパードなど、大きな犬が沢山集まっていました。それも同じ犬種が何頭も・・・。
あんなに沢山の大型犬を同時に見たのは初めてでした。圧巻・・・。

それに比べて小型犬はほとんどいなくて、観客として来ていた人がチワワと、ミニピン(我が家のランと同じ)を1頭ずつ連れていたのを見ただけでした。
小さめの犬種と言うと、ビーグル、パグ、バセット・ハウンドなど(でも中型犬ですよね)がいましたが、日本でポピュラーなミニチュア・ダックスフントやトイ・プードルなどはミニチュアサイズではなく、スタンダードサイズばかりでした。
考えてみると、柴犬、秋田犬などの日本犬やテリア系(スコッチテリア、ヨークシャーテリア、シュナウザーなど)もいなかったし、大型犬でもアフガンハウンド、コリーなどは見ませんでした。

今回のドッグ・ショーの情報は犬好きの私のドライバーから。
いつもは目的地で車を降りたらドライバーにはその場で待っていてもらうのですが、今回は事情が事情なので、「あなたも見る?」と聞くと、「後から行きますから。」との事。
犬用品の即売コーナーもあったので、「何か買われるんなら一緒に見ますから連絡(携帯で)して下さい」と言ってくれました。
が、結局買いたい物はありませんでした・・・。
日本のペットショップみたいにいろいろないのよね、やっぱり・・・。

1時間ほど見て回り、すっかり堪能した気分になって家に戻って見た我が家の「愛犬」が小さく見えたこと・・・。
同じ犬とは思えないほどでした・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。