インド、ニューデリーで暮らす犬の日々。 2006年11月5日 インド生まれです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さようなら、おばあちゃん犬
2008年02月20日 (水) | 編集 |
我が家のオーナーが庭で飼っていた(というか、庭に居させていたという方が的確かも・・・)おばあちゃん犬、これまでも何度かこのブログに登場していました。

過去記事はコチラ
おばあちゃん犬の思い出
帰ってきたおばあちゃん

昨年1年間は目に見えて弱って来て、何度か病院に入っていました。
私たちがこの家に住み始めた頃は、年をとっているのかな、という印象ではあるものの、元気に走ったり、吠えたりもしていたのですが、昨年の後半はいよいよ弱って来て、もともと腫れて何かデキモノのようになっていたお腹もますます様子がおかしくなっていました。
歩幅は狭まり、一歩一歩がしんどそうで、頭をあげて歩くことも困難なようでした。
年末が近づいたころ、再度病院に連れて行かれたことを知り、今度は本当に帰って来られないのかもしれない、と何となく感じていました。

けれども、恐るべき(失礼ですかね・・・)生命力のおばあちゃん、これまで何度か危機を乗り越えて生きながらえて来たのです。
今回ももしかしたら元気になって帰ってくるのかも、との期待も心のどこかにありましたが、年が明けても帰ってくる気配はありませんでした。

メイドや私のドライバーに、「あの犬どうなったか知ってる?」
と聞いてみたのですが、一様に、「わかりません。死んでしまったかも・・・」と。
暫く後にもう一頭の内犬を散歩させている使用人に会ったので、聞いてみるとやはり「多分もう死んでしまっただろうが、わからない。」との答え。
亡骸はただの物体と考えるヒンズー教徒と私たちでは死生観がかけ離れているのだな、ということを感じた瞬間でした。
「え・・・!?」っと一瞬呆然とした感じの私を見て、ドライバーが「いえ、マダム、この男(オーナーの使用人)は不注意な男ですから、あまり気になさらず・・・。」とフォローしてくれたのですが、文化の違いをまざまざと見せつけられた気がしました。 
そのフォローすらも私にはピンと来なかったので・・・・。(勿論別の価値観の上に立っている、という前提で気持ちはよく理解したつもりです。)

おばあちゃん 2006


それにしても、おばあちゃん犬、とっても性格の穏やかないい犬でした。
さしずめ「犬格者」とでもいったところでしょうか。
人に吠えついたり、向かって行ったところを見たことはありません。
ウチの門番の耳を引っ張る悪戯(というかイジメ)にも耐え、もう我慢できない、というところで、小さく「キャン」と鳴いていました。
ただウチのランのことは目ざわりだったみたいで、近づくと唸り声を上げるか、自分から避けて行くかどちらかでした。

それでもこの近所の人たちに愛されていたおばあちゃん犬、絶対に天国に行っている筈です。
今頃は天国を走り回っているかな・・・。
もう会えないのは淋しいけど・・・。
画像は元気だった頃の2年前のものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うるうる
おばあちゃん犬とうとう亡くなってしまったのですね。
でもインドの犬にしたら、服も着せてもらえ、saffronさんから美味しいモノももらえ、病気になったら病院に連れて行ってもらえ。門番のいじめはあったとはいえ、近所の人には愛されてとても幸福な犬生だったと思います。
ランちゃんのことは、うちのかみやんも子犬は苦手なので、きっとおばあちゃん犬も「元気がありすぎて苦手」と思っていたんでしょう。
きっと天国で走り回っているはずです。
ところで、ランちゃんのお耳の具合はいかがですか?うちもかみやんがハゲちゃって、薬ぬりぬりの毎日です。

2008/02/26(Tue) 13:19 | URL  | bonbon #-[ 編集]
こんにちわ初めまして
同じデリーで犬を飼ってます。こんにちわ~♪
うちのマロンもインド犬です。いろいろ情報を参考にさせてもらってます。今後も寄らせていただきますね。
2008/02/27(Wed) 21:04 | URL  | tangoly #mQop/nM.[ 編集]
コメントありがとうございます。
v-286bonbon さま

今度こそ本当におばあちゃん犬に会えなくってしまい、なんだか寂しいです。本当にいい犬でした。
かみやんのハゲはどうですか?良くなりましたか?
ランの耳タブはまだ少し白くなっています。
犬とは言葉が通じないからこういう時もどかしいですね。
お互い早く良くなります様に。

v-286tangoly  さま

最近デリーでワンちゃん飼っている日本の方多いですよね。
心強いです。
ウチは1才を過ぎて尚やんちゃなので、ドッグトレーナーをお願いしようか、と真剣に考えているところです。
これからも宜しくお願いします。
2008/03/05(Wed) 02:32 | URL  | saffron #T9FVG58I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。