インド、ニューデリーで暮らす犬の日々。 2006年11月5日 インド生まれです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予防接種…その後。
2008年03月24日 (月) | 編集 |
昨年、生後必要な狂犬病、パルヴォ・ウィルスなどなど様々な予防接種をしてから早くも1年が経ち、また接種が必要な時期になりました。
1年ってホント早いです、特に最近・・・。ってこれは私自身の感覚ですよね。

実は昨年2月の接種の時に恐らく注射の副反応で顔が腫れてしまったことがありました。
今年も狂犬病の予防接種は問題なく済ませたのですが、その1週間後に受けた接種でまた様子がおかしくなってしまいました・・・。
接種の時、注射針がちょっと刺さっただけですごく抵抗していたので、私は外に出されて待っていたのですが、帰りの車のなかからちょっと元気がなく・・・
帰宅してからも何かがヘンなようで、部屋にたどりつく前の廊下でまず、我慢できずにウンチを・・・。
こういうことは珍しいので、調子悪いのかな・・・と思っていると、気持ち悪そうにし始め戻してしまいました。
クリニックにすぐ電話をすると、「注射とは関係がない」とのドクターの回答。
「でも、うちの犬滅多に戻さないんですけど。」と聞いてみたのですが、「それはわかるが、注射とは関係ない、氷か冷たい水を与えて様子を見て。もう一度吐いたら連れて来て。薬をあげましょう。」とのこと。
う~~ん、どうなんでしょう?この対応って・・・。
ちょっと不安です。
ランには氷を1個与えて様子を見ました。
普段おやつの時以外で自分からケージに入ることはないのですが、この日はふらふらするのか、自分からケージに入ってうずくまっていました。
そして、数時間後昨年のように顔がぼこぼこに腫れ始めました。
昨年程までにはひどくないのと、昨年腫れて赤くなっていたお股の部分が今年は腫れなかったので、ちょっと落ち着いて様子を見ました。
夜には腫れもおさまっていつもどおりのランに戻り、駆け回り始めたので、ひとまず安心。
でも一応同じ部屋で休みました。

ran56


ランは1歳を少し過ぎて、たまに急に意志疎通ができるようになったかも!?と思うことが出て来ました。
これまでは家の中でも1度放してしまうと呼び戻しが利かず、呼ぶと一応は来るものの、わざわざ後ろからやって来てお尻に前足でジャンプ&タッチしてダーッと逃げてんたんですよね。
「ここにちゃんといるよ~」という感じ?
単にからかわれていたのかも・・・?
それが一応ちゃんと「何~?呼んだ~?」という感じで正面から戻って来るようになりました!
凄い進歩?いえ、これって当たり前のしつけかも!?
ただし、捕まえようとすると脱兎の如く逃げますが・・・。

ちょっとお利口になってきたかな、というランですが、やめられない癖は床を嗅ぎ回ること。
これは犬だから本能的なことなんでしょうか?
でも、お散歩の時、バイ菌やら病原菌から守るためにやたらと嗅がないようにしつけないと、とも言うし。
皆さんはどうしていますか?

部屋から部屋へと嗅ぎ回りますが、やはり重点的に嗅ぐのが、キッチンと

ran55


ダイニング。

何かに取り付かれたかのように一心不乱に嗅いでいる様子を見ると、気持ちが通じたように感じたのが気のせいだったのか、とさえ思えてきます。

ran57


それにウチのデジカメで撮ると、目が異様に光って撮れることがあって、エイリアンみたいなんです。
ますます未知の生物っぽい。

ran58


ピカーーン!
スポンサーサイト

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。