インド、ニューデリーで暮らす犬の日々。 2006年11月5日 インド生まれです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィラリア対策
2007年05月15日 (火) | 編集 |
蚊が沢山いる上に、デング熱やマラリアなど、蚊が媒介となる病気が毎年多発し、人間ですら蚊に刺されないように注意を払うインド。
ですが、なぜか、獣医さんの見解では、「インドにはフィラリアはない、あってもごく稀」なのだそうで、インドでフィラリアの予防薬は一般的に手に入りません。
こんなに蚊の多い国でそれは不自然では・・・?
という疑問がどうしても拭い去れなくて、しつこく獣医さんに食い下がって(?)何とか、猫用に取り寄せているという、アメリカ製のRevolution 6%を投薬してもらいましたが、コンスタントにこのクスリがクリニックにあるとは限らない恐れがあるので、自分で入手する方法を考えました。

前回日本に帰った時に、以前住んでいた家の近くの獣医さんに相談しててみました。
予想通り、インドにフィラリアが無いというのは不自然で想像し難い、と。
ダメもとでクスリの処方をお願いしてみると、仔犬の状態で飼ったことからフィラリアには未感染と推測されるとして、感染の有無の検査を省略して、何とかRevolution 6%を処方して下さいました。(私達側の特別な事情という事で実際の診察なしでの処方なので、獣医さんの詳しい情報などは控えさせてください。)

それを友人に取りに行ってもらい(滞在中には間に合わなかった。Lちゃんいつもありがとね。)、仕事でこちらに来る方に頼んで持って来て頂きました。

インドのクリニックでは、他のノミ・ダニ予防薬が300ルピーだったのに対し、1,000ルピー(約2,800円)だったので、「高い!」と思ったことも、日本での入手を考えた要因の一つなのですが、実際は日本の方が高かった・・・・(1本4、200円 税込み)。
こうなったら日本以外の国からの個人輸入を考えようかな。

Revolution 6%


説明書を見ながら何とか投薬完了。
本当はもうそろそろランを洗いたいのだけど、あと2~3日我慢ね。

ラン47


紙を噛み千切るのにハマっているラン。
領収書や、箱、書類、新聞など何でも飽きることなくびりびりとやっています。
噛み千切っては出し、千切っては出し、で回りは紙くずだらけになりますが、殆ど食べてはいないようです。
ただ、ティッシュだけは「食べ物」と思っているみたいなんですよね。
何ででしょう?
美味しいのかな? ヤギじゃないのに・・・。
スポンサーサイト
テーマ:ミニチュアピンシャー
ジャンル:ペット

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。