インド、ニューデリーで暮らす犬の日々。 2006年11月5日 インド生まれです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰ってきたおばあちゃん犬!
2007年02月18日 (日) | 編集 |
前々回の記事におばあちゃん犬との突然の別れの事を書いたのですが、何とおばあちゃん犬、帰って来ました。
と言うか、正確に言うと、帰されちゃったみたいなんです・・・。

実はあの記事を書いてから、「もう2度と会えないのかも・・・」なんて結構悲しい気持になっていたのですが、2日ほど前玄関を出ると何だか懐かしい後姿。
一瞬見間違いか、幻覚か(!?)と思ってしまいましたが、間違いなくおばあちゃんでした。
少し足元がおぼつかない感じではあるものの、自分で歩いて寝床のあるガレージに向かっていました。

オーナーのマダムに庭でお会いしたのでお話を伺うと、血液検査の結果も出ていないのに、急に帰されたのだとか。
やっぱりインドだわ・・・。
マダムの方も犬とは言葉が通じなくてどこが悪いのかもわからないし、と困っていらっしゃいました。

寝床に戻ると病院に入る前のようにまた鳴き始めました。
きっと病院でも鳴き続けていたので、面倒見切れないと帰されたのだろう、病院には他にも沢山犬がいるから、と。
家に帰ってからも鳴き続けては周り(私たちも含めて)の迷惑になる、と気にされていました。私たちは犬好きなので、心配なだけで迷惑とは考えていないのですが。あれだけ鳴くのだから、余程どこかが痛いのか、何か不快なのでは・・・と心配。

おばあちゃん7


暖かい日中は日なたを求めて寝床から出てきます。

ずっときままに暮らしていたからか、少し元気になると、門から出て元のように辺りをうろうろしています。
いろいろな人が食べ物を与えるのも良くない、とオーナー夫妻は考えたようで、とりあえず家の周りの使用人(近所の使用人も含めて)たちに食べ物を与えないように言ったとのこと。
通りの向こう側にいるのを呼び戻しておかゆを与えていました。

やはり元気だった頃と比べると随分衰えています。
けれどもこれまでずっと好き勝手に外をうろうろしていたのですから、病院に入れられたりするのは苦痛だったのかな。

デリーは3月からかなり暑くなるので、心配。
それまでに体力回復できるといいのですが・・・。
スポンサーサイト

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。